iPhoneアプリを作る方法

iPhoneアプリはゲームからツールまでさまざまですが、使うだけではなく、作るのも誰でもできるようになってきています。

iPhoneアプリの開発と言えば難しいそうなプログラム言語を使って開発するイメージがありますが、サードパーティ製の開発キットを使えばコードをそれほど書かなくてもアプリを作り上げることができるようになってきました。



サードパーティ製のツールで用意されているのはGUIエディタです。GUIは画面で見えるボタンや画像などのことです。GUIのできによって使いやすさやわかりやすさが変わってきます。



アプリの顔とも言える部分です。

しかし、GUIエディタが使いにくい、無い開発キットも多く、特に初心者には敷居が高い場合が多かったようです。

しかし、UnityやUnrealengineなどGUIエディタに力を入れている開発環境も増えており、アプリ開発の敷居は格段に低くなってきています。

また、iPhoneアプリの開発環境としてHTML5とJavascriptを利用する環境も生まれています。

PhonegapやCordovaはHTML5とJavascriptでアプリを組み上げます。

HTML5はホームページやブログを構築する際にも利用されますし、Javascriptはホームページなどで動きを追加する際に利用されます。

比較的馴染み深い言語なのでホームページを作っているような感覚でアプリが構築できるとあって利用者が増えています。